男女

効率化を図るなら消し込みを取り入れるのが先決

高速化と同時にミス防止

男の人

単独システムでは不十分

給与計算を手計算で行っている会社は少ないのですが、今行っている方法が必ずしも適正なそして効率的な方法とは限らないのです。パソコン上で給与管理を行うようになり、給与計算ソフトを導入している会社も少なくありません。しかし給与計算に特化したシステムであれば、インポートするデータやアウトプットするデータなどの加工に時間を要し、工数削減にはあまりつながっていないケースも散見されるのです。給与計算は、単純に給与の算出だけでなく、各種保険料の算出した保険や税金などの計算を含みます。年々複雑化する給与計算に対応するためには、給与計算ソフトを導入することがベストです。しかし毎日の勤務時間の管理と連動させないと、給与計算のベースとなる時間を算出できないなどの問題も生じます。理想的なのは、打刻システムと給与計算ソフトを連動させるものです。打刻情報に不備があると自動的に給与計算されないようにするなどのアラート機能がついていますので、誤計算によるミスも防止することができます。また、給与計算ソフトは経理などの他のシステムと連動させることも有効な方法です。しかし新規導入となれば、単独新規で導入するよりコスト的な問題も生じます。今後の給与制度の改定にも対応できる汎用性を持った製品を選ぶことで後々のコストを抑えることにもなります。初期導入のコストはかかりますが、それなりにトータルコストを減らすことができれば導入のメリットは大きいのです。

Copyright © 2017 効率化を図るなら消し込みを取り入れるのが先決 All Rights Reserved.