男女

効率化を図るなら消し込みを取り入れるのが先決

業務を効率化するために

システム

業務の効率化が図れることから社内コミュニケーションツールが注目されています。一般的なメールことは異なり、複数の人と同時にスムーズに連絡を取ることが出来るのがその理由です。しかし実際に導入するとなると、数多くあるコミュニケーションツールから1つを選ぶのは大変なことです。一体どのようにしてサービスを選べばよいのでしょう。コミュニケーションツール選定のポイントとして、使いやすさを重視するか機能を重視するかを最初に決めましょう。一概には言えませんが、使いやすさを重視することで利用できる機能が少なくなり、機能を重視することで操作が分かりにくくなる傾向があります。コミュニケーションツールは基本的には社内の全員が共通に使うものであるため、最低限の条件として、全員がコミュニケーションツールの使い方を理解している必要があります。もし社内にパソコンなどのIT機器に苦手意識を持っている人がいるのであれば使いやすさを重視し、全員がIT機器に慣れているのであれば機能を重視する、という選び方が出来ます。またどうしても選び方が分からないという場合には実際に複数のコミュニケーションツールを使ってみる方法も考えられます。コミュニケーションツールの多くが無料なので、実際に使ってみて違和感を感じるのであれば別のものを使ってみる、ということを繰り返すことが出来ます。自社に合ったものを見つけるという点では確実性が高いと言えるでしょう。

Copyright © 2017 効率化を図るなら消し込みを取り入れるのが先決 All Rights Reserved.